十二月八日

 

 

来館者が座って読めるように、

新座敷の洋室の机にはその季節に関連のある作品を選んで置きます。

が、一昨日からの寒気で、ここに座って読むにはとても、寒すぎますね。

12月初めの作品は、やはり『十二月八日』。

 

 

 

 

 

 

 

太宰治 『十二月八日』冒頭より 昭和17年2月「婦人公論」掲載)

 きょうの日記は特別に、ていねいに書いて置きましょう。昭和十六年の十二月八日には日本のまずしい家庭の主婦は、どんな一日を送ったか、ちょっと書いて置きましょう。もう百年ほど経って日本が紀元二千七百年の美しいお祝いをしている頃に、私の此の日記帳が、どこかの土蔵の隅から発見せられて、百年前の大事な日に、わが日本の主婦が、こんな生活をしていたという事がわかったら、すこしは歴史の参考になるかも知れない。だから文章はたいへん下手でも、嘘だけは書かないように気を附ける事だ。なにせ紀元二千七百年を考慮にいれて書かなければならぬのだから、たいへんだ。

 

 

 

昭和16年12月8日は日米開戦の日。

日本の人が忘れてはいけない歴史のその日